【町とわたしとサーカスと】町自体が不穏すぎて怖い【part1】

ゲーム
スポンサーリンク

 久しぶりの実況プレイ動画をyoutubeに上げてみました。
 今回、選んだのはFreem!にて公開されている。「町とわたしとサーカスと」になります。
 part1の収録が終わりましたので、その感想を書いていきます。

実況動画へのリンク

物語のはじまり

 今回の感想を一言で述べるなら、町が不穏すぎる。
 ということでしょうか。

 主人公は9歳の女の子、ソフィラ。
 物語の舞台は治療してもらったとか、失敗作だとか、そんな言葉が飛び交う町で開かれる、町の人々全員参加の一年に一回のサーカス。
 そのサーカスも失敗作を見世物にしている節があり、とても怪しい。
 多分、詳細は後々に分かるのでしょう。(分かりたくない気もする…。)

 そして、サーカスに行く直前に出会った「ピエロ」を名乗る男性。

ピエロさんとの初めての出会い(?)

 優しそうな人だけれども、名前から絶対にサーカス関係者。
 しかし、この人との会話も不思議なもので、以前に会ったことがあるのでは?と考えさせられてしまいます。
 そして、昨日の記憶がないというソフィラ。
 うーん、どんな関係があるのでしょうね。

サーカスにて

 サーカスに来たものの、体調不良でトイレに引きこもっていた(気を失っていた)ソフィラ。
 なんと、サーカスが閉まっており、全体が真っ暗に。
 画面もなんだか不穏な感じのモヤがかかっているし、トイレを出ようとしたら鏡が割れるし…。
 もう、不穏。
 嫌な予感しかしませんね。
 家族を探すも見当たらない、「これからどうなるの!?」といったところ。

ステージの部分にはあやしい扉が開いている

感想と考察

 実況を通して思ったのは、この街はキノの旅の「大人の国」に似ているかも、ということでした。

 キノの旅では、手術によって大人になっていましたが、この町では治療によって大人になっている、そんな感じですかね…。
 そして、大人になれなかった人(または化物になるなどして、人として居られなくなった者)を失敗作として、サーカスの見世物に使う。
 そんな感じのブラックさを感じています。
 ホラーゲームの中でも、直接的なホラーというよりも、精神的にダメージを与えてくるタイプのゲームのような気もします。
 こんな舞台で、ソフィラはどう生きていくのでしょう、これからが楽しみです。

ゲームのダウンロード先(リンクあり)

 遊んでみたいと思った方は、以下のリンクからダウンロードしてみてください!

 製作者様サイト(リンクはこちら
 Freem!(リンクはこちら

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました