【ハッピーエンドは紡げない】行方不明のロベルト!?走れ!セオドア!【part10】

ゲーム
スポンサーリンク

ロベルトが消息不明!? これは、行かざるを得ない!

前回の記事

ロベルトが行方不明!?

 ギルドに緊急連絡が、ロベルトがゴーレムの調査中に行ったっきり連絡がとれなくなったとのこと。
 そこで、セオドアを中心としたメンバーでエディン山道に行ったロベルトを探しに行くことに。
 すると、洞窟にはボロボロになったロベルトの姿が。

ロヴィーサとは、恋人の名前でしょうか?

 どうやら、強力なゴーレムがおり、ロベルトでも歯が立たなかったそうです。
 しかし、流石はトルヴ一行、このゴーレムを難なく撃破しました。

 そして、ロベルトとセオドア兄弟の会話シーン。

兄デレ

 ようやくお兄さんに認められました。
 よかったね、セオドア。
 これからもギルドで馬車馬の如く働いてください。

ミカルと竜人の血

ついに人体実験の内容が明らかに。

 無事に戻ってきた一行は、前回「まくらや」に言われた通り、エマニュエルにミカルのことを報告しに行くことに。
 すると、そこでは人体実験についての情報が。

 どうも、ミカルは竜人の血を飲んだとのこと。
 これが一般的な血液とは異なり、飲んだ人に特殊な効果を与えるものだったそうで。
 この血液はミカルのスキルにもあるように、自分自身の怪我を回復したり、耐久力が上がったり、と超人的な肉体を得るために使われているようですね。
 しかし、それを一般人に飲ませているということは、目的は二つでしょうか。

 最も有力なのは、竜人の血と適合するための方法を探しているというもの。
 もう一つは、超人兵を作ろうとしているというもの。

 本編では不死を目標にしているという話がありましたので、実験を繰り返して王の体に適応できるようにしているように思いますが、この実験が発展していくと、不死の国を作ることもできそうなんですよね。
 王だけでなく、兵も不死。
 そんな戦争国家が生まれたら、世界は大変なことになりそうです。

 そんなミカルに対する謎が解き明かされていく中、今度は海の向こうの「サーラ」という国から依頼が!
 火の精霊を祀る、暑い国みたいですが、一体どんな冒険が待ち受けているのでしょうね。

 次回は、海を渡りつつ、ついでに海にいるゴーレムを倒しに行ってきます!

ダウンロードしてプレイしてみる

Freem!へのリンクはこちら
作者HPはこちら
作者Twitterはこちら

動画でミカルの過去を確認する

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました