【Among Us】私は殺意の波動に目覚めたが、意見を強く言えない【鍵の国のアリスメンバーと#3-3】

ゲーム
スポンサーリンク

前半では、久々のインポスターとして、殺ります。
後半では、強く言えない日本人の典型例になっています。

前回の記事

戦犯、私

 さて、今回は2本立てでした。
 どちらも、エアーシップで遊んでいたのですが、前半は楽しんで殺していました。

 しかし、後半、私は戦犯を犯したのです。

インポスターが消えるまで0.5秒!!

 あろうことか、ベントに入った瞬間を目撃しつつも、自分の目を信じきれずに取り逃してしまう始末。
 そして、直前のゆーじさんの挙動不審っぷりから、二人のインポスターが私の中でほぼ確定していたんですよね…。
 それなのに釣りきれないというのは、なかなか難しいものです。

教訓
 発言には自信と責任を持て

 まぁ、戦犯と書いているように、今回は私がキーマンになっていました。
 ベントに入った姿を目撃した、というのはとても強いポイントですよね。
 そんな中で私が弱気な発言をしていたため、他のクルーの方に迷惑をかけてしまいました。
 特に、このゲームは言論バトルの節もあるので、譲らないときは譲らないようにしないといけません。

 間違っても「見間違いだと言われたら何も言えなくなる」なんて言ってはいけないんですよね。

 私は間違っていました。
 鍵の国のアリスメンバーの方と「遊ばせて頂いている」「初めての方だから…」なんて卑屈&遠慮をする必要はないんですよね。
 次回から私は

Z(絶対)O(お前を)B(ぶっ殺す)

 これをキーワードに頑張っていこうと思います。

ZOB!ZOB!!ZOB!!!ZOB!!!!

購入はこちら

Switch版オンラインコードの購入はこちら(アマゾンのタブが開きます)

関連動画

 

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました