#5 この追跡者…しつこい!【Poppy playtime】

ゲーム
スポンサーリンク

※ブログでは、その感想や考察について投稿していきます。攻略に関する情報等が載っていますので、未プレイの方はネタバレにはご注意ください。

水降
水降

私は電車に乗れたことに、素直に感動しています。

前回の内容

感想

 今回の記事については、chapter1とchapter2の感想について書いていきいます。
 攻略要素を書こうかとも思いましたが、正直謎解きという謎解きもなかったですからね。

 このPoppyPlaytimeについてですが、昔から知ってはいました。
 しかし、当時はまだPCを買い替える前でしたし、steamには手が出せなかったんですよね。
 そして、とても有名なゲームになったためか、他のホラーゲームにもハギーワギーが登場したときには、「プレイしておけば、より楽しめたのかも…」と考えていたことを思い出します。

 さて、そろそろ感想と参りましょう。

 両方のchapterに関して言えるのは、英語がひたすらに難しいことですかね。
 chapter2の方が少し英語が優しくなった気がするのは気のせいでしょうか?

 多分、ポピーの英語が子ども向けなのか、かなりシンプルな言葉になっていたからでしょうね。
 ポピーは色々と裏を知っていることが分かりましたね。
 動画内でも、外に出すつもりがなさそうなところ、他の人々のことを知っているような素振りをみせていたこと。
 かなり黒に見えますね。

 おもちゃたちは、主人公に襲い掛かってきますが、ポピーは主人公に何かをしようとしていますね。
 そう考えると、どうも命令系統が違うような気がします。

 人間を襲って殺そうとするグループと、人間を連れ去って変化させようとするグループ…。

 ろくなのがいないじゃないか!!!

 chapter3では一体、どんな展開が待っているのでしょうね…。

難易度について

 謎解きや逃走劇の難易度については、そこそこの歯ごたえを感じました。
 しかし、それぞれの仕組みを見ていれば、問題なくクリアすることができましたので、個人的には丁度いいのかなと。
 モグラたたきだけは、難易度が高かったですけどね…。
 chapter2からは、謎解きにもアクション要素が出てきたりと、すこし忙しく感じましたね。
 しかし、それでもまだ問題なく解くことが出来るので良いのですが、chapter3になると、どんな変化が表れるのか、かなり気になるところ。

 これ以上、時間的にギリギリになると、下手したら詰み兼ねないので、何かしらの要素を追加してくるのでしょうが…。
 今度は左手が進化したりするのでしょうか…?

 ひとまず、続きが出るまで、このシリーズは一旦おしまい。

水降
水降

おもちゃ工場よ、また会う日まで!

ダウンロードはこちら

Poppy Playtime - Chapter 2 on Steam
Three times the size of Chapter 1, you must descend deeper into the toy factory. Mind-numbing puzzles and horrific toys await. Grapple and swing your way to saf...

私の実況動画

次の記事

投稿したら更新します。

この記事へのコメント ※他の人が見て不快に感じるコメントはお控えください

タイトルとURLをコピーしました