【Among Us】クルーが続くよどこまでも【鍵の国のアリスメンバーと#2】

ゲーム
スポンサーリンク

 誰かと行動しないと死ぬ。
 それを体験で学んだ瞬間でした。

前回の記事

今回のダイジェスト

第一回戦、どさくさキルの現場に!

 しかし、このどさくさキル。
 重なっている二人ともインポスターなんですよね…。
 このタイミングでのキルはなかなかリスキーでしたね。

第二回戦、ダブルキルされた・・・!!

 今回のことが起きたのは、クルーのタスクがほぼ終わりかけ、メンバーが5、インポスターが2とインポスターとしてはかなり追い詰められている状況。
 ここで、インポスターは私とクロウさんをダブルキルしてきました。
 そこで、3:2になったのですが、他の3人が同時に行動していたために、逆転ならず、といった感じだったのですが、回線落ちによって、インポスター側の勝利に。

勝つための戦略考察

 今回の3回の戦いはインポスターが積極的に動いていたように思いますので、インポスターになった時の行動を考えてみたいと思います。

  • 酸素枯渇は強い
  • どさくさキルは他のインポスターがいない状況で
  • ダブルキルは後半にすると、メンバーが固まって大変

 まず、どさくさキルについてですが、自分の近くにいる人を犯人に仕立て上げる方法ですので、使える条件は

  1. 仲間のインポスターが関与していないこと
  2. この人数は吊るにはまずい、と思わせるほどの人数を巻き込むこと

の2つが挙げられそうです。
 1は周囲の人が黒として疑われてしまうので、絶対条件として考えたいです。
 逆にドサキルが起きた時は、通常、仲間は近くにいないこと前提で考えるのが良いでしょう。
 つまり、ドサキルが起きた時、ここ以外にもう一人のインポスターがいる、と考えるのが良いように思います。

 そして、条件の2については、自分以外を最低3人程度容疑者候補にすることが必要かもしれません。
 それだけの人数を上手いこと巻き込めたら、ローラーもできませんから、疑われはするものの一人をキルすることができますね。

 味方を巻き込んでドサキルするメリットとしては、後半の人数が少なくなってきたとき、3人以上の条件を達成しやすくなることが考えられます。
 そのときは、味方に自分を切らせる動き、または対立しているように見せることで、票を分散させることが考えられます。
 もしかしたら、自分と味方で表を集めて投票することで、もう一人吊ることができるかもしれませんね。(その分、票がはいっていない自分たちが疑われる覚悟は必要ですが) 

教訓
ドサキルは3人以上のクルーを巻き込め、最終局面では味方を巻き込んでもよし!

 ダブルキル、これができるのは、かなり奥まったところでしかできません。
 なぜなら、早い段階ですると、「近くにいた〇〇さんと、自分以外に二人いる」という情報が広がり、単独行動する人がいなくなる。
 遅い段階では、グループが出来上がってしまい、ダブルキル=インポスターバレが起きてしまう。
 このことから、ダブルキルを狙うには以下の条件が必要です。

  • 序盤、終盤共通:見つかりにくい奥まった所、または発見まで時間のかかる状況でする
  • 終盤:ダブルキルで勝つことができるという場合のみ
  • 酸素枯渇などの時間稼ぎが使えるとき

 ダブルキルを行ってのうのうと生き残るための条件が結構厳しく、酸素枯渇やメルトダウンなどの、サボタージュと合わせて使うことが望ましいですね。
 ダブルキルを行ってから、反対方向のイベントを起こす。
 そうして、発見までの時間を稼ぎ、自分のアリバイやキルクールタイムの回復に充てる。
 もしくは、サボタージュ終了後、自分で通報してキルの痕跡を消すのもありかもしれませんね。
 これが一番有用な方法のように思います。

教訓
ダブルキル後はサボタージュ

 特にインポスターが二人の状況はサボタージュ中、酸素枯渇を直させないなどの、あーだこーだをしやすいので、積極的に活用していきたいですね。

今回の実況動画

私の音量が小さいです。申し訳ない。

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました