【Gartic Phone】私に人物を描かせてはいけない#1-2

ゲーム
スポンサーリンク

人物を描くのは私にはハードルが高かったです…。

前回の記事

今回のお題

朝食パンを食べるアリス
イケメン宇宙人
心に住む小父様

 いやはや、難しいですね。
 この場合、どのように描くのが正解だったのでしょうか…。
 人を書くのが難しいですが、特に何かの動作が入った絵は難しいんですよね…。
 パンを食べる人を書くのって出来るのかな…。

本日の絵の練習「朝食パンを食べるアリス」

 今回は、人を書くのが苦手な私が絵を見ながら書いてきました。

参考画像

 髪型や輪郭、パーツの形は(細かい部分を除いて)見ながら描いたつもりです。

朝食パンを食べるアリス

 黒眼の角度、眉の位置、肩の線、腕の太さ、鼻、指など、全体的に気になる点がいくつもありますね。
 まぁ、これからということで。

 意識して変えたところは、眉と黒眼の位置。
 手元のパンを見ているようにしたかったので、少し下目に描きました。
 (全体的に顎を引いたような傾きをつければよいのでしょうが、私にその技術はないのです)
 口の描き方は隣のグリフォンを参考にしつつ、もう少し喜びや活発感が出るように、グリフォンよりも少しだけ切れ長に。
 手については、画像を参考にして左手だけ描いていたけれども、どうもアリスさんは右利きだったっぽいので、両手で持つスタイルに最後に変更。
 こんな感じでどうですかね…。
 これくらいなら、許されるでしょうか?

 描いている中で大切だと思ったのは、比率ですね。
 「目の上部の線が顔の縦の長さの中心に来る」とか「目の下の線は、目の上の線と頬骨との中間」とか「鼻の点と口の上の線はだいたい、目の下の線から顎までを三等分したときの配置」いった感じのやつですかね。
 これを意識して描くと、望んだ場所に顔のパーツを配置できるような気がしました。
 この考え方は応用が効く気がしますね…。
 絵をどうやって描いたかの比率もメモしておくと、再現も可能になってくるような気がしました。

プレイはこちら

Gartic Phone(https://garticphone.com/ja

私たちの実況動画

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました