#2 chapter2は、ちょっとハード【Poppy playtime】

ゲーム
スポンサーリンク

※ブログでは、その感想や考察について投稿していきます。攻略に関する情報等が載っていますので、未プレイの方はネタバレにはご注意ください。

覚えゲー…。
私の苦手分野で仕掛けてくるとは…。

水降
水降

私、記憶力には自信がないんですよね…。

前回の内容

今回の内容

chapter2になり、ハギー・ワギーではない、おもちゃが相手として登場してきました。

今回のお相手「マミー」

 手足が伸びるおもちゃ、「マミー」。
 本来はCMに出てくるようなゴムのおもちゃだったようです。
 それが、どうしてこれほどまでに巨大になっているのかは不明ですね…。
 後々に語られるのですが、どうやらマミーは蜘蛛と関係のある生き物?であるようですが…。
 スパイダーマンの進化系というわけでは無いんですよね?
 あからさまに人工物ですし…。

 理性があることからして、元々人間だったという可能性はあるのですが、バックグラウンドの説明が聞き取れないので、推測の域をでません。
 誰か私に英語力をプリーズ!! 

水降
水降

最近、英語で会話する機会に恵まれたので、英語練習中です。
しかし、ネイティブのボキャブラリーにはついていけません!

デスゲーム、覚えゲー…。

 こちらのゲームは覚えゲーです。
 ミスする度に、頭上から襲い掛かってくるというのが、ハラハラ感を助長してきますね…。
 …おさるがタンバリンを持っているおもちゃはありましたが、これはちょっと…。

裏話

 今回のゲームをしていて思い出したおもちゃたちが以下の通りです。
 タンバリンを持った猿のおもちゃって、もっとサーカス調の可愛いのってなかったですっけ?
 最近のおもちゃって、リアルでも怖いんです?
 これだと私、寝室に置けないのですが…。(子どものトラウマになっちゃう…)

 マジックハンドとか、手を伸ばして遠くのものを取るおもちゃ、これらはマミーを見て思い出しました。
 私が子どもの頃、おもちゃ箱にどちらもあって、手を飛ばして取るおもちゃは、使っている内に埃まみれになり、粘着力も無くなって、最後には指の一部が千切れてしまった状態だったのを覚えています。

 話は変わりますが、私は昔から覚えゲーが苦手なんですよね。
 自己紹介ゲームみたいな感じで、「○○が好きな△△さんの隣の□□が好きな××さんの・・・」みたいなゲームだと瞬殺されますからね…。
 今回は色や図形という視覚情報があるから、まだマシなのですが…。
 音声オンリーでされたら詰みます。
 そして、今回はその覚えゲー…。

 頑張りました。
 やられましたけど。

攻略情報

 今回の動画で登場した仕掛けは以下の通りです。
 電力を回復させるのも、一筋縄ではいかなくなってきました。

電力回復方法

 電力を回復させるには、ポールに引っ掛けるといった動作が必要になります。
 左の画像のようにポールに引っ掛けた後は、右の画像のように絡ませて、右手でボタンをタッチしましょう。

新しい右手を作る方法

 右手を作るためには、二か所直さないといけないところがあります。
 それは、一階のパイプと二階のインクの補充。
 二階のインクの補充については、ビデオを再生したら手に入るようになるので、まずはビデオを流しましょう。

ダウンロードはこちら

Poppy Playtime - Chapter 2 on Steam
Three times the size of Chapter 1, you must descend deeper into the toy factory. Mind-numbing puzzles and horrific toys await. Grapple and swing your way to saf...

私の実況動画

次の記事

この記事へのコメント ※他の人が見て不快に感じるコメントはお控えください

タイトルとURLをコピーしました