【ハッピーエンドは紡げない】水臭いなぁ。でも話してくれてありがとう。【part17】

ゲーム
スポンサーリンク

 ジゼルがついに事実を告白。
 さて、気持ちを新たにした彼女と一緒にこれからも進んでいきましょう。

前回の記事

廃村から帰宅、フォルジートとは、一体どんな国?

 廃村に行き、セネディオからその村の人が全滅した話や、その死にヴァシリーサという竜が関わっていること話を聞きました。
 二十年前に、ロイヤルナイトのギルドマスターが殺したヴァシリーサの血液が水に混じっていたらしく、それを村の人が飲んだことで起きた悲劇。
 あくまで推測の域を出ないそうですが、リベルタの件といい、事実っぽいですよね。
 セネディオの家族写真にリベルタが写っていたのですが、若いセネディオとリベルタらしき少女。
 セネディオの外見上、今が30、40代とすると、写真に写っていた頃は10、20代となりますね。
 リベルタは十代っぽいですし、兄弟なのでしょうか。
 この関係も何時か明らかになるのでしょうね。

ギルドの外にカルミアが。

 そして、廃村から戻ってくると、カルミアがフォルジートのことについて知りたいそうで、ソティル大図書館へ一緒に調べ物に行きました。
 すると、以下のようなことが分かりました。

  • 医療大国
  • 万病に効く薬草を栽培して、独占
  • ロナというお祭り好きの医療の神様(男神)がいる
  • 月が満ちる度に感謝の祭りが行われる

 しかし、土地は枯れてきているというのが、以前得た情報ですし、この国を再興しようと思うと、定期的なお祭りを観光収入として生計を立てる観光国家になってしまいそうですね。
 万病に効く薬草とやらが、どんな物かはわかりませんが、人も居ない、土地も枯れてるとなると、かなり再建は難しそうに感じます。
 ところで、土地が枯れているのは、一体何故なのでしょうね。
 土地の魔力を何かが吸収しているからなのか、万病に効く薬草が実は土地の魔力を吸収して痩せさせる効果を持っていたとか、いろいろと考えてしまいます。

リベルタの本心は?

図書館の最奥にて。

 フォルジートについて調べていた一行は、最奥にてリベルタと再会しました。
 彼女がここで何をしていたかは不明ですが、彼女は最後に私たちに一言「私を……止めて」と言いました。
 ここまで聞いた私たちがすべきことは決まっていますね。

 皆、行こうか。
 次回、リベルタとの決戦です。

猫耳ジゼルを動画でみる(26:25~)

ダウンロードはこちら

Freem!へのリンクはこちら
作者HPはこちら
作者Twitterはこちら

次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました